プロフィール

大増量

Author:大増量
闘牌伝説関ロ 団長

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

無断リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この講座は、アニメ「咲-Saki-」を楽しみたいけれども、
麻雀のルールが全くわからない人のための講座です。
そのため、初歩の初歩の人からでもわかるように順序立てて構成していきます。

■麻雀牌
麻雀牌は下記の34種類、各4枚の計136枚です。

kouza
kouza
kouza
kouza

上から順に、萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、字牌です。
萬子、筒子、索子の3種類は、字牌に対応して数牌(スーパイ)と呼びます。

文章中で表現する場合は、萬子は1m、筒子は2p、索子は3s等というように、
数字の後ろに牌種の頭文字のアルファベットをつけて表記する方法が一般的です。

その他に、萬子は漢数字で四、筒子は丸数字で⑤、索子はアラビア数字で6、
などといったように表記する方法もあります。
字牌はそのまま漢字で東南西北白發中と表記します。
 
   
 
■半荘(ハンチャン)戦と東風戦
麻雀は、東場と南場を戦う半荘戦と、東場だけを戦う東風戦の2種類が一般的です。
場は、4人がそれぞれ割り当てられた風(東南西北)を1巡するまで戦います。
1回ごとの戦いは局と呼びます。
風が東の人がその局の親です。
例えば半荘戦は、局を繰り返して東場1巡と南場1巡の計2巡を戦います。


■面子(メンツ)と雀頭(じゃんとう)
麻雀は手牌13牌と引いてきた1枚の計14牌で手役を構成して、
和了(あがり、ホーラ)を目指すゲームです。
手役であがり形を形成するには、面子と雀頭を作ります。

○面子
面子は3枚一組でつくる牌の組み合わせです。
面子の形は大きく分けて2種類あります。

1.順子(シュンツ)
同じ種類の数牌で続き数字3枚の組み合わせです。
123m、456p、789sなどです。

2.刻子(コーツ)
同じ牌を3枚揃えた組み合わせです。
111m、555s、東東東、中中中などです。

このようにして揃えた面子を組み合わせて手牌を構成します。
字牌は数牌と違って続き数字を作ることができないので、
字牌で面子を作る場合は必ず刻子になります。

○雀頭
雀頭は単に頭と呼ばれることが一般的です。
頭は同じ牌を2枚組み合わせて作ります。

33p、88s、西西、白白などです。


■4面子1雀頭
手牌13牌と最後の1牌の計14枚で面子を4つと雀頭を1つ作ればあがりです。
この手役の基本的な構成の仕方を4面子1雀頭と言います。
一部の例外的な役を除いて、麻雀のあがり形はすべてこの構成になっています。

○あがり形の例

123m 456p 789s 東東東中中

345678p 南南南西西西白白

233445m 55p 北北北發發發


■聴牌(テンパイ)とあがり
手牌13牌に、あと1牌足りない牌が加わればあがり形になる状態を、
テンパイと呼びます。
このとき必要な牌を「待ち牌」や「当たり牌」と呼びます。
テンパイしている状態では、待ち牌をツモしたりロンしたりできるようになります。

○ツモあがり
自分の手番のときに1枚牌を引いてくることを「ツモする」と言います。
手牌がテンパイしていて、自分の手番のときにツモしてきた牌で
あがり形を作れるとき、「ツモ」と発声してあがりを宣言できます。
ツモあがりすると、自分以外の全員からあがり点を分担して支払ってもらえます。

○ロンあがり
手牌がテンパイしていて、他人の手番のときに捨てられた牌であがり形を作れるとき、
「ロン」と発声してあがりを宣言できます。
ロンあがりの場合は、ロンされた人があがり点を一人で負担して支払います。


テンパイにはいろいろな形があります。
テンパイしたときの待ち牌の形は基本的には下記の6種類です。
牌の組み合わせによっては、これらの待ちの形が複合した
複雑な形ができることがあります。

○両面待ち(リャンメンまち)
45m 123678p 南南中中中

3mと6mが待ち牌です。
4mと5m両側の牌が待ちになっています。

○カンチャン待ち
35m 333p 789s 東東東白白

3mと5mの間の、4mが待ちになっています。

○ペンチャン待ち
12m 567789p 66s 發發發

3mが待ちになっています。

○単騎待ち
9m 223344s 白白白中中中

9mが待ちになっています。
上の3つと違って面子部分の待ちではなく、頭が待ちになっている形です。

○ノベタン待ち
6789m 555p 北北北發發發

6mと9mが待ちになっています。
両面待ちと単騎待ちが組み合わさったような形の待ちです。

○シャボ待ち
123m 777888p 白白發發
77m 345p 11s 東東東發發發

上は白と發が待ちになっています。
下は7mと1sが待ちになっています。
片方が面子になると、残った方が頭になる形です。


■ポン、チー、カン
他人が捨てた牌をポンしたりチーしたりすることによって、
面子を作ることができます。
自分がツモする牌は、引いてくるまで何が来るのかわかりませんが、
ポン、チーをすると欲しい牌を直接手に入れられるので、
他人より速くあがりに向かうのに有効な手段です。
これを「鳴く」とか「副露(フーロ)」と言ったりします。

○ポン
自分の手牌に同じ牌が2枚あって、他の人が3枚目を捨てたときに
「ポン」と発声してその牌を手に入れて刻子を作ることができます。
ポンは誰が捨てた牌でもできます。

○チー
他人の捨てた牌で順子を作りたいときには「チー」と発声します。
チーは自分の手番の直前の人からしかできません。
また、ポンとチーが同時にかかった場合、ポンが優先されます。

○カン
カンをするには3種類の方法があります。
1つは、同じ牌を4枚集めたときに「カン」と宣言する方法です。
このカンを特に暗カンと呼びます。

2つ目は、同じ牌を3枚持っているときに、他の人が捨てた4枚目の牌を
「カン」と宣言して手に入れる方法です。
これもポンと同様、チーに優先します。

最後は、ポンした牌があるときに、4枚目の牌を自分でツモしてきたときに、
ポンした牌に「カン」と宣言して付け足す方法です。


■基本4役と門前自模
麻雀は手牌に役をつけなければあがることができません。
役が無いのにツモやロンすると、チョンボになってしまいます。

役の大きさは1翻、2翻と数えていき、
役をいくつも組み合わせて翻数を大きくすればするほど、
あがったときにもらえる点数が多くなります。

ここでは、麻雀で最も多く発生する基本的な4役と門前ツモを紹介します。
この5つの役を覚えたら、とりあえず麻雀が打てるようになります。

○門前自模(メンゼンツモ、面前ツモ):1翻

kouza

自分ですべての牌をツモして4面子1雀頭を完成させたときにつく役です。
「門前」とは、ポンやチーをしていない状態のことです。
暗カンはしていても大丈夫です。

必ずツモあがりになる役ですが、役としての「門前ツモ」と、
あがり方の「ツモあがり」は混同しやすいので最初の内は注意が必要です。

上記の例は、テンパイした形に他に確定した役がないので、
他人が捨てた8sをロンするとチョンボになります。


○立直(リーチ):1翻

門前でテンパイしたときに「リーチ」と宣言して千点棒を場に出すことでつく役です。

リーチをかけると、あがり牌をツモするか、ロンするまでは、
手牌を入れ替えることはできず、ツモした牌をそのまま切るツモ切りになります。
リーチをかけてから他人にあがられると、
場に出した千点棒はあがった人に持って行かれてしまいます。

その代わり、「一発」がついたり裏ドラをめくる権利がもらえるので、
点数を爆発的にアップさせる可能性を秘めています。

テンパイした時点で役が確定していなくても、
リーチをかけるとリーチが役になるので、ロンができるようになります。

○断幺九(タンヤオ):1翻

kouza

手牌のすべてを3種類の数牌の2~8だけで構成する役です。
門前でなくてもタンヤオがつくルールを「クイタン有り」や「食い有り」と呼びます。
門前を崩してしまうとタンヤオがつかなくなるルールは、
「クイタン無し」や「食い無し」と呼びます。


○役牌:1翻

kouza

東南西北の内の、場か自分の風に対応した牌か、
白發中を刻子にするとつく役です。
場と自分の風がかぶっているときは、両方が適用されて、
ひとつ作るだけで一気に2翻つきます。

役牌をポンできると、その他の部分は好きな形でポンチーできるので、
あがりまでのスピードで非常に有利になる役です。


○平和(ピンフ):1翻

kouza

門前で全ての面子を順子で作り、頭を数牌か役牌にならない字牌で作る役です。
待ちの形は、両面待ちにしなければなりません。
初心者にとっては条件がややこしい役ですが、
タンヤオやその他の役と複合して高得点を狙いやすい役です。
スポンサーサイト

<< 天鳳クソスレ100nd記念大会のおしらせ | ホーム |

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。